産後の抜け毛の原因は?

産後、シャンプーしている時などに髪の毛がゴッソリ抜けて驚いた事があるママは多いのではないでしょうか?これは〈産後脱毛症〉や〈分娩後脱毛症〉と呼ばれており、出産後の約7割ものママが経験しているといわれています。

 

この産後脱毛症にはホルモンバランスの変化が大きく関係しています。妊娠すると女性ホルモンが通常よりも多く分泌されます。この女性ホルモンにはヘアサイクルを伸ばす効果があり、妊娠中は本当は抜けるはずの髪の毛が抜けずに残った状態になります。無事出産を終えると多く分泌されていた女性ホルモンは通常量に戻ります。すると、女性ホルモンの影響で抜けずに残っていた髪の毛が一斉に抜け始めるのです。これが産後の抜け毛の主な原因です。

 

また、ホルモンバランス以外にもいくつかの原因があります。

 

まずは栄養不足です。

 

産後のママは赤ちゃんのお世話で忙しく自分の事を後回しにしがちです。食事も十分な時間が取れずついつい簡単な物で済ませてしまう事も多いのではないでしょうか?すると、栄養のバランスが崩れます。髪の毛は食べた物から作られているので、充分な栄養が取れていないと抜け毛の原因にもなってしまうのです。食事は母乳の源にもなりますので赤ちゃんの為にも自分の為にもしっかりとバランスのいい食事をとる事を心がけましょう。

 

次に睡眠不足です。

 

特に赤ちゃんが小さいうちは夜中の授乳も頻繁で十分な睡眠をとれているママはほとんどいないと思います。ですが、寝ている間に成長する髪の毛には睡眠不足は大敵なのです。産後の睡眠不足は仕方のない事ですが、休める時に休んでできるだけ睡眠を多くとりましょう。

 

最後にストレスです。

 

産後はホルモンバランスの乱れからイライラしがちになります。更に慣れない育児、睡眠不足などで出産前の生活とはガラリと変わりストレスを感じているママが多いと思います。ですが、ストレスを溜め込むと血行が悪くなり、髪に十分な栄養がいかずに抜け毛の原因になります。産後にも使える育毛剤 ベルタを使ったりしながら家族にも協力してもらい、気分転換をしながらできるだけストレスを溜めこまない生活を送りましょう。

 

枝毛が出来てしまう原因は?

女性にとって髪は本当に大切なものです。テレビで見かける女優さんの、さらさらと艶めくストレートロングに憧れる…なんて事はよくある事ですよね。でも実際はと言えば、忙しい朝にくしがなかなか通らなかったり、髪の裾には枝毛がチラホラ、朝は寝癖でパサパサ、ため息が出ちゃいますよね。

 

枝毛ってどうして出来てしまうの?

 

枝毛が出来やすい原因の1つは、夜シャンプーをした後に自然乾燥をしてしまう事です。長く髪が濡れた状態の為、雑菌が繁殖しやすく、臭いや痒みのもとになりやすいと言います。また濡れた状態の髪は、キューティクルが剥がれやすく、よりダメージを受けやすい状態が長く続く事になります。

 

更にこの状態で寝てしまうと、髪は絡み合いながら摩擦で擦れ、痛みで枝毛が出来やすい状態を作ってしまうのです。なるべくドライヤーで短時間で乾かすとよいでしょう。この時注意したいのが、ドライヤーを近づけすぎないという事です。髪に近づけすぎると、熱のダメージで更に髪を痛める原因となってしまうからです。

 

原因の1つとして、洗った後のゴシゴシタオルも挙げられます。ダメージを受けやすい濡れた状態の髪を、タオルの摩擦で更に痛めてしまう為と言われています。タオルで髪を吹く時には、擦らず押すような感じで、水分だけをタオルに移すようにするとよいでしょう。

 

そして髪を痛める原因として最も大きな原因と言われているのが、パーマやカラーリングを頻繁に行う事です。特に市販されている薬剤で自分で行うと、何度も無理にくしでとかしたり、健康な髪の状態を損なってしまいます。

 

髪のキューティクルは大きなダメージを受け、すぐに枝毛や切れ毛が出来やすくなってしまうのです。また髪だけでなく、皮膚や体の内部にまで悪質となる成分が含まれている事も多い為、自分で行うのであれば、最近注目されている自然派素材の物を選ぶ事をおすすめいたします。

 

これらは枝毛を作りやすい大きな原因と言われていますが、健康な身体は、睡眠・食事・運動等、基本的な生活環境から成り立っています。

 

髪の毛ももちろん同様です。不規則な生活や乱れた食事が続く事で、髪にも適切な栄養分が行き渡らない為、健康な人の髪よりも更にダメージを受けやすい状態になってしまいます。日頃の生活を見直し、身体の中からいたわる事が大切です。

 

乳酸菌情報:ラクレンズゼリーなら簡単に乳酸菌が手に入る?